FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい心臓

「5時に夢中」、ほぼ毎日観てます。
あはは~~
で、中瀬ゆかりさんが紹介されていた小手鞠るいさん『美しい心臓』を読んだ。
図書館で借りようと思ったら予約が20数件!
なので、アマゾンで買って読んだんだけど……
帯には、「大人の身をよじらせる切なさと狂おしさに満ちた究極の恋愛小説」ってあった。
すごい。読む気満々にさせてくれるね。

で、なんだかなあ。
表現力がすばらしく、文章も読みやすく、上手って感心する。
ああ、うらやましい。私にも、こんな才能ほしいと思う。
でも、
小説って読んでて、主人公に共感したり、反発したり、発見したり。
そんないろいろな感情があって、感動、反発含み「面白かった」って感想になるのだけど、
主人公「わたし」に妄想をかき立てられず、淡々と読み進み、「ああ、終わっちゃった」って感じが、どうよ?
これまた帯だけど、
『恋に溺れ、欲望に囚われた女と男を描く、まさに本物の愛の世界』ってあるのよ。

本物の愛ってこういうのを言うのか……

美しい心臓美しい心臓
(2013/05/22)
小手鞠 るい

商品詳細を見る


ふうん。





テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くつ

Author:くつ
特記事項なし。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。